ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 建築物・宅地の安全 > 建築物のアスベスト > アスベストの分析調査について
ページ本文

アスベストの分析調査について

更新日 : 2019年3月18日

 アスベストの種類は6種類あります。これまで、国内におけるアスベストの使用は主にアモサイト、クリソタイル、クロシドライトの3種類とされていました。
 しかし、最近になって、国内で使われていないとされていたアクチノライト、アンソフィライト及びトレモライトの3種類のアスベスト(以下「トレモライト等」という。)が検出された事案があることが判明し、アスベストの飛散防止対策等に万全を期す観点から、分析調査の徹底が求められております。
 このため、今後の分析調査については、トレモライト等を含む6種類のアスベストを対象とした分析調査の実施をお願いします。
 また、過去に分析調査を実施され、アスベストの含有がなかった方につきましては、実施した分析調査がトレモライト等も対象としていたか否かをご確認いただき、確認の結果、トレモライト等を対象としていないことが判明した場合は、再調査の実施をお願いします。
 

詳細はこちらから(厚生労働省通達)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局指導部建築指導課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2531 FAX:093-561-7525

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。