ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 都市計画・建築・景観・開発 > 建築 > 公共建築物 > 市有建築物の長寿命化への取り組み
ページ本文

市有建築物の長寿命化への取り組み

更新日 : 2019年3月13日

 現在、北九州市が保有している公共施設の多くは、昭和40年代後半から50年代に集中的に整備されており、これから既存ストックの老朽化が進み、一斉に改修・更新時期を迎えるため、財政的負担が増えることが予想され、公共施設を取り巻く環境は非常に厳しい状況となっています。

 そこで、今後も、継続使用する市有建築物については、これまでの「対症療法的な維持管理」から、中長期的な視点で適切に改修等を行う「予防保全型の維持管理」への転換を図り、建築物を安全に維持し、ライフサイクルコスト縮減に取り組むとともに支出の平準化を目指します。

北九州市市有建築物長寿命化計画

市有建築物のライフサイクルコストの縮減と支出の平準化を図るための基本方針となる「北九州市市有建築物長寿命化計画」を平成29年3月に策定しました。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局建築部施設保全課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-3220 FAX:093-582-2694

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。