ページトップ
ページ本文

建築物の敷地と道路の関係について

更新日 : 2020年6月23日

 建物を建てるには、「建築基準法に定める道路」に敷地が直接接してなければいけません。また、接している長さは2メートル以上必要です。(建物の用途、規模によっては4メートル、又は6メートル必要になる場合があります。)

 「建築基準法に定める道路」とは、幅が4メートル以上ある市道や区画整理事業などで整備された道路のことです。(『「建築基準法の道路」確認フロー』をご参考ください)

 他にも、一定の基準を満たし市の指定を受けた私道(位置指定道路)や幅は4メートル未満であるが一定の条件を満たした通路等があります。これらは、建築審査課に設置した『道路地図』にて確認することができます。

 なお、『道路地図』の内容の確認については、電話等でのお問い合わせはお断りしており、原則、直接建築審査課窓口にてご確認ください。

 新型コロナウイルス感染症予防の観点から、令和2年6月30(火曜日)まで、FAXによる問い合わせを受付いたします。

 道路相談等の様式はこちらになります。(郵送可)

 事前に『「建築基準法の道路」確認フロー』で道路相談の対象の道か確認してください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局指導部建築審査課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2535 FAX:093-561-7525

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。