ページトップ
ページ本文

自然ネットについて

現在本市では、「第2次北九州市生物多様性戦略(平成28年3月策定」)」のもと、「豊かな自然の恵みを活用し、自然と共生するまち」の実現に向けて、さまざまな取り組みを行っています。

 本戦略は、パートナーシップの考えのもと、市民、NPO・団体、事業者、学識経験者及び市で構成される「北九州市自然環境保全ネットワークの会(以下自然ネット)が、戦略の推進、各プロジェクトの進行管理を行っています。

1 自然ネットの概要

行動共通テーマ

 『北九州市の自然をもっと知ろう・知らせよう』

目的

 いろいろな主体から集まった会員同士の情報交換や研修を通じて、関係者間の連携の強化と裾野の拡大を目指します。また、活性化を図るため、会員が希望する活動に参加することで、北九州市の自然環境分野の保全・育成・創成・利用・整備に貢献していきます。

活動内容

 第一段階・・・集まる、 第二段階・・・互いを知る、 第三段階・・・行動する

参加者(参加団体は添付資料参照)

  • 市民(北九州市自然環境サポーター) 151名
  • NPO・団体35団体
  • 事業者15社
  • 学識経験者11名
  • オブザーバー(環境省九州地方環境事務所福岡事務所、福岡県環境部自然環境課)

 ※随時参加者を募っています

事務局

 環境局環境科学研究所

2 自然ネットの特徴

  • 幅広く自然環境の保全に取り組む政令市では初となる組織
  • 市民、NPO、事業者、学識経験者等多様な主体が集まった総合的な組織
  • 連携し行動する組織
  • 環境首都グランドデザイン・行動原則1「市民の力で、楽しみながらまちの環境力を高めます」及び行動原則4「自然と賢くつきあい、守り、育みます」を実践する組織

3 取り組み

総会・自然講演会

 自然ネットは、年に一回総会を開催しています。総会では、市民(自然環境サポーター)、NPO・団体、事業者、学識経験者、市、オブザーバーが参加し、前年度の事業報告や新年度の活動計画について意見を交わします。
 また総会に合わせて、自然の各分野で活動する方を招き、自然講演会も行っています。 

平成22年度総会・自然講演会(平成22年7月10日)

平成22年度総会
総会では活動を決定
佐藤剛史さんの講演会
自然講演会(講師は佐藤剛史氏)

自然ネット運営会議

 月1回、自然ネット役員や自然環境サポーター等が集まり、運営会議を行っています。

運営会議
活発な意見が交わされる運営会議
青空会議
ときには青空会議も

具体的な活動

こちらをご覧下さい

添付資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局環境監視部環境監視課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2290 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。