ページトップ
ページ本文

ていたんプレス58号

環境情報誌「ていたんプレス」は、環境施策の情報を提供するために、環境局が年3回発行し、全戸配布している情報誌です。
平成30年7月15日に配布した最新号「ていたんプレス58号」をホームページにて公開します。
 ※環境情報誌「かえるプレス」は46号より、「ていたんプレス」に名称変更しました。

ていたんプレス58号の表紙

「SDGs推進に向けた世界のモデル都市」として北九州市が選定されました!アジア地域初!!

OECD(経済協力開発機構)は、このたび、SDGs推進に向けた世界のモデル都市として、アジア地域で初めて、北九州市を選定しました。また、既に選定された6都市・地域(北九州市及びドイツ、イタリア、デンマーク、ベルギー、アルゼンチンの都市・地域)を含め、世界から10~12程度のモデル都市を選定し、調査・分析・評価を行い、都市・地域レベルの取組みを世界中に広げていくためのプロジェクトを実施することとしています。※6都市・地域=平成30年5月現在

 SDGsとは?
SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)
「すべての人々がずっと地球に住み続けられるようにするためにはどうすれば良いだろう?」と世界のみんなで考えた、2030年に向けた目標です。環境問題をはじめ、福祉、教育など17個の目標をあげています。

くわしくは 北九州市 SDGs

お問合せ先 環境局総務課 093-582-2173

「平成30年度低炭素社会実現のための都市間連携事業」に北九州市の提案事業が採択!

アジア低炭素化センターが推進する環境国際ビジネス案件5件が、環境省の「平成30年度低炭素社会実現のための都市間連携事業」に採択されました。
フィリピン・カンボジア・タイ・ベトナム・ミャンマーの各都市において、CO2削減につながる省エネルギー・再生エネルギー設備導入の可能性調査や海外自治体に対する計画策定支援等を行うとともに、この活動を通して優れた環境技術を持つ市内企業の海外進出を支援します。

お問合せ先 アジア低炭素化センター 093-662-4020

ESD通信
~Education for Sustainable Development~ 持続可能な社会を考える

SDGsの17個の目標を達成するには、一人ひとりの「行動」が必要です。様々な教育や活動を通じて、この「行動」を起こす人材を育成することを“ESD”と言い、北九州市はESDの推進に取り組んでいます。

北九州ESD協議会 093-531-5011

お問合せ先 環境局環境学習課 093-582-2784

特集 みんなで行こう!まちなか避暑地!

今年も、7月1日から9月30日まで、市内の店舗や公共施設で「まちなか避暑地」を実施します。
「まちなか避暑地」は、夏の電力需要が最も高くなる時間帯(13時~17時)に、家庭のエアコンやテレビの電源を切って、まちなかの店舗や公共施設へ出かけてもらうことで、各家庭における省エネ・節電を図るとともに、まちなかのにぎわいづくりを進めるものです。
平成24年度から実施しており、今年度で7年目を迎えます。

まちなか避暑地

 夏は13時~17時の取組み(ピークカット)が重要です!

九州地区全体での夏季電力使用量は13時から17時が使用量のピークを迎えます。エアコン・テレビ・照明を消して「まちなか避暑地」に行くと、約70%の節電になります。

 「まちなか避暑地」で「ていたんポイントカード」を提示すると・・・

参加店舗・公共施設を利用し「ていたんポイントカード」を提示すると、「ていたんポイント」(店舗2ポイント・公共施設1ポイント)がもらえることに加え、ワンドリンクサービスなどの店舗独自の特典(公共施設を除く)を受けることができます。
また、10ポイント集めると、10月6日(土曜日)・7日(日曜日)に開催される「エコライフステージ」(市役所周辺)の抽選会で、ていたんグッズやエコグッズなどが当たります。
※「ていたんポイント抽選会」は、このほか、年に2~3回、大型商業施設などで開催しています。(詳しくは、市政だより等で案内します。)

くわしくは ていたんポイント

お問合せ先 環境局温暖化対策課 093-582-2286

おしらせ1
 「ていたんコンテスト」開催!

ご家庭で省エネに取り組み、その結果を、毎日「省エネチェックシート」に記入して、エコ活動にチャレンジしよう!
※省エネチェックシートは、夏休み前に小学校で配布します。

実施期間:夏休み期間中
応募資格:北九州市内の小学生

くわしくは 北九州市 ていたんコンテスト

お問合せ先 環境局温暖化対策課 093-582-2286

おしらせ2
環境ミュージアムからのお知らせ!

毎週日曜日に「地球の道」定期開演を行っています!
料金:大人500円 高校生以下250円 対象:小学校中学年以上
開催日:毎週日曜日(1)10時30分~ (2)13時30分~ 各回90分 雨天中止
(当日、環境ミュージアムライブラリにて20分前までに申し込み)

くわしくは  北九州市 地球の道(外部リンク)

お問合せ先 北九州市環境ミュージアム 093-663-6751

おしらせ3
西日本最大級の環境イベント エコライフステージ2018を開催!

日頃から環境活動に取り組む市民団体・NPO・企業・学校などが、市内外から大集合!ブースでの展示やワークショップ、グルメ、ステージイベントなどを通して、楽しくエコを体験できます。
開催日:平成30年10月6日(土曜日)~7日(日曜日)
会場:北九州市役所周辺・リバーウォーク北九州

くわしくは エコライフステージ(外部リンク)

お問合せ先 エコライフステージ実行委員会 093-671-7781

おしらせ4
「北九州市環境首都検定」開催!

実施日時:平成30年12月2日(日曜日)
会場:西日本総合展示場・市民センターなど
受検料:無料
申込期間:平成30年9月25日(火曜日)~10月26日(金曜日)
募集要項配布場所:各区役所、出張所、市民センターなど
※北九州市のホームページからも申込できます。(9/25から)

●公式テキスト
公式テキストは8月中に書店で販売予定です。
●検定公式アプリ「環境ドリル」
短い時間で「過去問題」が学習できます。

くわしくは 環境首都検定

お問合せ先 環境局環境学習課 093-582-2784

おしらせ5
ごみのポイ捨てはやめましょう!マナーを守ってきれいな街に!

道路や公園などへのごみのポイ捨ては絶対やめましょう。
(信号待ちの車内から中央分離帯へ空き缶やたばこの吸い殻などのポイ捨て、バス停での空き缶などの放置)
●自分で出したごみは、必ず持ち帰りましょう!
●事業所周辺のごみの清掃や地域の清掃活動に参加しましょう!
※空き缶等をみだりに捨てた場合、罰則(1万円以下の過料)が科せられることがあります。

お問合せ先 環境局業務課 093-582-2180

おしらせ6
カラスなどによる「ごみステーション」の散乱対策にご協力ください!

ごみ出しマナーを守り、清潔なごみステーションの維持にご協力ください。

ポイント
●収集日以外のごみ出しは止めましょう!
●ごみ袋を防鳥ネット等できちんと覆いましょう!
●決められた「ごみステーション」に出しましょう!
●事業所(店舗や事務所)のごみを「ごみステーション」に出すのは止めましょう!
春先から夏にかけてカラスは繁殖期を迎え、活動が活発化します。マナーを守り、散乱防止にご協力ください。

お問合せ先 環境局業務課 093-582-2180

おしらせ7
ガスボンベ等の正しい処分方法について

58号にてガスボンベの処分に関し、誤解を招く紛らわしい表現がありましたので、以下のとおり訂正させていただきます。申し訳ありません。

ガスボンベ(カセットボンベ、プロパンガスボンベ等)は正しく処分しなければ、火災や事故の原因となり、大変危険です。決まりを守って安全に処分しましょう。

カセットボンベ
中身をすべて使い切り、穴をあけないで「家庭ごみ袋」で出してください。

プロパンガスボンベ
市では受け入れをしていません。販売店にご相談ください。
販売店が不明な場合は、下記にお問い合わせください。

<LPガスボンベ>
 福岡県LPガス協会北九州支部 093-941-0341

<その他高圧ガスボンベ>
 九州高圧ガス容器管理委員会 092-715-8870

お問合せ先 環境局施設課 093-582-2184

おしらせ8
オオキンケイギクは「特定外来生物」です!!

お家に持ち帰ったり、他の場所に植えたりしないでね!!

オオキンケイギクって?
以前は道路脇の緑化や観賞用に生産・利用されていましたが、一度定着すると在来の野草を駆逐し、辺りの景観を一変させてしまうので、特定外来生物に指定されています。このため、栽培・運搬などが禁止されています。

特徴は?
●草丈は30~70cm程度
●花びらの先端が不規則に4~5つに分かれる。
●葉の両面に荒い毛があり、葉の周囲はなめらか(鋸歯がない)など
外来種被害予防三原則
1 悪影響を及ぼすおそれのある外来種を“入れない”
2 飼育・栽培している外来種を“捨てない”
3 すでに野外にいる外来種を他領域に“広げない”

くわしくは オオキンケイギク 北九州市

お問合せ先 環境局環境監視課 093-582-2239

「ていたん」のECO-QUIZ(エコクイズ)

問題
地球温暖化の原因のひとつに、自動車から出る排気ガスがあります。そのため、排気ガスをできるだけ出さない「次世代自動車」をつくる動きも活発です。次世代自動車は次のうちどれでしょう。

(1)ウラン自動車
(2)水素自動車
(3)ガソリン自動車
(4)酸素自動車

※解答は最後のページの下にあります。

お知らせ9
北九州エコタウン事業の新規認定について

北九州市では、循環型社会の構築を目指し、平成9年から北九州エコタウン事業を推進しています。
このたび、日本環境設計株式会社の携帯電話リサイクル事業を、新たに「北九州エコタウン事業」として認定し、認定書の交付を行いました。

お問合せ先 環境局環境産業推進課 093-582-2630

お知らせ10
北九州市認定産業廃棄物排出事業者・処理業者が決定しました

北九州市では、毎年、産業廃棄物の減量・リサイクル・適正処理について特に顕著な取組みを行い、優れた実績を上げている排出事業者と処理業者の皆さんを、「北九州市認定産業廃棄物排出事業者・処理業者」として認定しています。
平成29年度は下記の事業者を認定し、表彰を行いました。

■新規認定排出事業者
  シャボン玉石けん株式会社
■新規認定処理業者
  株式会社産興エコサービス
■更新認定処理業者
  九州製紙株式会社、喜楽鉱業株式会社、株式会社ジェイ・リライツ、西日本家電リサイクル株式会社

くわしくは 北九州市 認定業者

お問合せ先 環境局産業廃棄物対策課 093-582-2177

お知らせ11
世界銀行との連携事業について(公害克服と紫川再生の経験を世界へ!!)

北九州市は世界銀行と共同して、開発途上国の課題解決に向けて都市間連携を促進する「都市パートナーシッププログラム」に取り組んでいます。この一環として途上国の急激な都市化の進展に伴う不法投棄や河川の氾濫といった課題解決のため、本市の公害克服や紫川再生の経験などを体系化した「北九州モデル 廃棄物管理と洪水リスク管理」を作成し公表しました。
こうした取組みに加えて、環境関連企業や国際関係機関等の皆さんに世界銀行の各種事業に関する情報提供を行い、海外展開など新たなビジネスチャンスにつなげていただくため、平成30年2月5日~6日に講演及びセミナーを開催しました。2日間で延べ200名以上が参加し、活発な情報交換が行われました。

お問合せ先 環境局環境国際戦略課 093-582-3804

「ていたん」のECO-QUIZ(エコクイズ)の答え!

 【答え:(2)水素自動車】
水素を燃料として走る水素自動車(燃料電池自動車)は、水だけを出し、二酸化炭素を出さない次世代自動車です。電気自動車やハイブリッド自動車、天然ガス自動車も次世代自動車です。

このページの作成者

環境局総務政策部環境学習課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2784 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。