ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス > 新型コロナウイルス感染症の後遺症について
ページ本文

新型コロナウイルス感染症の後遺症について

更新日 : 2022年5月6日
ページ番号:000161131

新型コロナウイルス感染症の後遺症について

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、治療や療養が終わっても一部の症状が長引く(遷延する)方や、新たに出現する方がいることが分かってきています。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の回復後の経過については、未だ不明な点が多く、新型コロナウイルス感染症に対する社会的不安を引き起こす一因にもなっています。後遺症の治療には長い時間がかかる場合もあり、感染から1年経過しても症状が見られる場合もあります。

 遷延する主な症状として、疲労感・倦怠感、息苦しさ、筋力低下、睡眠障害、思考力・集中力低下、脱毛が報告されており、退院時までにこれらの症状が出現した患者の3割以上で診断6か月後にもこれらの症状が認められています。

 遷延する症状が1つでも存在すると、健康に関連したQOL(Quality of Life)は低下し、不安や抑うつ及び新型コロナウイルスに対する恐怖心が強まり、睡眠障害を自覚する傾向が強まることも報告されています。

 ただし、厚生労働省の調査(厚生労働科学特別研究事業)では、軽症者を含む525名において、アンケート結果から診断後6ヶ月の時点で、約8割の方は罹患前の健康状態に戻ったと自覚していたことが分かっています。

後遺症に関するご相談

 新型コロナウイルス感染症の後遺症が疑われる場合は、北九州市内の後遺症診療協力医療機関もしくは、かかりつけ医等の医療機関へご相談いただくか、北九州市新型コロナウイルス相談ナビダイヤルにお電話ください。

(注:後遺症の治療は対症療法が中心となります。また、受診や治療の際は所定の医療費が必要となります。)

後遺症外来一覧(4月24日時点)(PDF形式:735KB)

北九州市新型コロナウイルス相談ナビダイヤル 0570-093-567

聴覚障害のある方は FAX:093-522-8775

関連情報

このページの作成者

保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療政策部感染症医療政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2430 FAX:093-582-4037
定期予防接種:093-582-2090

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。