ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 介護 > 介護ロボット等導入実証事業 > 令和元年度の成果(北九州モデルの実証結果)
ページ本文

令和元年度の成果(北九州モデルの実証結果)

更新日 : 2020年6月10日

 北九州市は令和元年度に実施される厚生労働省の「介護施設等における生産性向上に資するパイロット事業」の実施地域(5県2政令都市)に選定されました。そこで、平成28年度から進めてきた先進的介護の実現に向けた取組みの成果と課題を踏まえ、「介護職員の専門性や働き甲斐の向上」「ICT・介護ロボット等の活用」「効率的な人員体制」を包含する介護現場の働き方改革を進めることにより、人とテクノロジーの融合による新たな働き方モデルとなる「北九州モデル」の構築を目指した実証を行いました。

取組内容(介護施設等の生産性向上に資するパイロット事業)

画像またはタイトルをクリックすると、詳細ページへ移動します。

実証評価

画像またはタイトルをクリックすると、詳細ページへ移動します。

このページの作成者

保健福祉局先進的介護システム推進室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2712 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。