ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 健康づくり > たばこ対策・受動喫煙防止対策 > 「世界禁煙デー」および「禁煙週間」について
ページ本文

「世界禁煙デー」および「禁煙週間」について

毎年5月31日は世界禁煙デー

 「世界禁煙デー」は、たばこを吸わないことが一般的な社会習慣となるよう様々な対策を講ずるべきであるという世界保健機関(WHO)の決議により昭和63年に初めて設けられ、平成元年からは5月31日と定められています。

 また、厚生労働省においては、平成4年から「世界禁煙デー」に始まる一週間を「禁煙週間」(5月31日~6月6日)と定めています。

 喫煙は、がんや心疾患、脳血管疾患、慢性閉塞性肺疾患の原因になるとともに、糖尿病や高脂血症、歯周疾患を悪化させるとされています。

 また、喫煙は喫煙者本人にとどまらず、周囲の人への影響も非常に大きいことから、望まない受動喫煙の防止を図るため、平成30年7月25日に健康増進法の一部を改正する法律が成立しました。

 今年度は、2019年7月に学校・病院・児童福祉施設等、行政機関が原則敷地内禁煙、2020年4月にそれ以外の施設等が原則屋内禁煙と段階的に施行され、マナーからルールに変わります。

 この機会をきっかけに、自分の健康や大切な家族のために、禁煙について考えてみましょう。

禁煙週間のテーマ

「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」

(参考)WHO世界禁煙デーのテーマ:Tobacco and lung health

2019世界禁煙デーポスター写真
2019WHO世界禁煙デーポスター写真

タバコの害について

2019市政情報コーナー画像

 北九州市役所1階市民ホール内(市政情報コーナー)で、タバコの害、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などについてパネルやポスターを展示、パンフレット等の提供を行っています。(令和元年6月28日まで)

「タバコをやめたい!」と思っている方へ

 ご自身の健康とともに、身近な人の健康のためにも、医師や専門家に相談しながら、禁煙にチャレンジしてみませんか。

 ひとりで禁煙に取組むことはとても難しいものです。一定の基準を満たした医療機関での治療には保険も適用されますので、禁煙外来など専門医療機関の先生と相談してみてはいかがでしょうか。 

このページの作成者

保健福祉局健康医療部健康推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2018 FAX:093-582-4997

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。