ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 入札・契約 > 公共工事 > 受発注者間情報共有システムについて
ページ本文

受発注者間情報共有システムについて

 受発注者間情報共有システムは、身近なi-Constructionの一環として、ICT技術を活用し受発注者間で情報を共有することで、建設業の生産性向上を図るものです。
 本市発注工事を受注された皆様におかれましては、積極的にご活用いただきますようお願いいたします。

 本システムの利用方法等につきましては、以下のファイルをご確認ください。

 (1) 受発注者間情報共有システム試行作業手順

 (2) 受発注者間情報共有システム試行実施要領(資料1)(PDF形式:198KB)

 (3) 提出書類一覧(資料2)

 (4) 機能要件を満たすシステム一覧(資料3)(PDF形式:58KB)

 (5) 受発注者間情報共有システム試行申請書(様式1)(Word形式:30KB)

※ (1)、(3)については後日公開予定。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

技術監理局技術部技術企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2043 FAX:093-592-0690

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。