ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 寄せられた市民のこえ > 子育て・子ども・青少年(寄せられた市民のこえ) > 保育所で給食にするおやつについて(寄せられた市民のこえ)
ページ本文

保育所で給食にするおやつについて(寄せられた市民のこえ)

更新日 : 2021年4月2日
ページ番号:000156006

 保育所で出されている午後のおやつについて、市販のお菓子を出すことは、可能な限り減らしてほしい。

 保育所給食に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

 北九州市の保育所では公立、民間を問わず、統一献立により、ほとんどの保育所で同じ給食を提供させていただいています。その献立内容は、おやつも含め、保育所の所長や調理員、保育課栄養士で構成された給食献立検討委員会で検討し、決定しています。

 おやつは、まだ胃が小さく3回の食事だけでは十分な栄養をとることができない幼児にとって、栄養を補うため、また楽しみの一つとして重要であると考えています。

 現在、牛乳プラス菓子類を基本として、菓子類は週2回程度手作りまたは果物とし、その他の日は市販のお菓子を使用しています。市販のお菓子の場合も、砂糖や食塩が多く含まれない、ビスケット、せんべい、クラッカーなど、幼児にふさわしいものを選び、虫歯になりやすい飴やガム、チョコレート、脂肪や食塩が多く含まれるスナック菓子等は使用していません。また、とうもろこしやふかし芋、噛みごたえのあるいりこや昆布等のおやつも取り入れています。

 手作りのおやつは、甘さも控えめで、心がこもっており、幼児にとって望ましいものですが、限られた人と時問の中で昼食、おやつを準備しており、毎日の手作りは難しいのが現状です。

 しかしながら、今回頂いたご意見を元に、市販のお菓子の回数を少しでも減らせないか、給食献立検討委員会や、保育所調理員の研修会の場で検討して参りたいと思います。

このページの作成者

広報室広聴課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2525 FAX:093-582-3117

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。